福井鉄道に乗る 「前編」

福井鉄道に乗車した時の様子 「前編」

 【2014年8月23日 土曜日】

       福井鉄道の車両(福井駅前駅)
画像

↑の写真。この古風な車両があの有名な福井鉄道の200形だ。200形
は福井鉄道の営業用の車両では最も古く、1960年(昭和35年)~1962
年(昭和37年)にかけて製造された連接式の車両であり、福井鉄道が
発注した「福井鉄道のオリジナルの車両」である。この車両は登場後
50年以上も走り続けているので、老朽化により全3編成の内の1編成
がこの時点(2014年8月)で既に引退し、残りの2編成も近いうちに引退
すると言われている。
↑の写真。良く分かるように少し大きな写真を貼りました。写真をク
 リックし、さらにもう一度クリックすると拡大します。

福井鉄道は越前市と福井市との間をJRの北陸本線にほぼ並行して走
っており、福井駅前周辺の支線を含めた全区間の営業キロは21.4Km、
線路幅は1067mm、架線の電圧は600Vだ。列車は一般的な鉄道区間
と路面電車区間を跨いで走り、近年は元名鉄の低床式の車両(等)と
超低床式の新型車両・F1000形の導入、および一般的な鉄道区間各
駅のホームのかさ下げ化により、ほぼLRT化(?)しているのが大きな
特徴となっている。
一般的な鉄道区間=越前武生~赤十字前
路面電車区間=赤十字前~田原町・市役所前~福井駅前

運行間隔の方は日中で20分毎と乗り鉄派としても利用しやすいダイヤ
となっており、また、朝と夕方~夜間に掛けては停車駅が少ない急行
列車も運行されている。感覚的にはローカル線ではなく、都市郊外の
鉄道であると思う。

==========================================================

青春18きっぷ 夏 「2014.8.23~24の乗車報告 Ⅰ 前編」
からの続き。

近江今津を8:13に発車した4843M普通・福井行きは、定刻通り9:19頃
に武生に到着した。武生に到着したあとは、福井鉄道に乗車する為、
徒歩で「福井鉄道の越前武生駅」へ。JR北陸本線の武生駅と福井鉄
道の越前武生駅は少し離れており、徒歩で3分から5分以内か、道順
はJRの武生駅駅舎を出て右へまっすぐ一本道、アルプラザと言う名
前のショッピングセンターの向こう側に位置する。単調な道なのです
ぐに分かると思う。地図に関しては、すぐ↓で貼り付けた記事を参考
にしてください。

この時間帯の武生は空気が少し乾いていたので夏にしては良い条件
に恵まれた方である。

福井鉄道に乗車するのは約3年半振りであり、前回は2011年4月に乗
車している。その時の様子は↓。

前回 福井鉄道に乗ってみた

       福井鉄道 越前武生駅 駅舎
画像

越前武生駅は福井鉄道の始発駅であり、普段から駅員さんが居る有人
駅である。キップ売り場は窓口の他に自動券売機が設置されている。
以前は「武生新」という駅名であったが、2010年に今の「越前武生」に
改称されたようだ。

今日は土曜日、さらに今回は夕方まで時間がたっぷりあるので福井鉄
道全線が1日乗り放題となる「土・日・祝日 1日フリー乗車券」を買うこ
とにした。お値段は大人500円である。発売箇所は越前武生駅などの
有人駅と乗務員氏であり、有人駅と無人駅に関しては↓の方で貼り付
けた福井鉄道のホーム頁内にある路線図で。
現在は大人550円、子供さんは280円。

       土・日・祝日 1日フリー乗車券のご案内
画像

「土・日・祝日 1日フリー乗車券」は越前武生駅では↓の写真のように
自動券売機でも買える。当たり前の事であるが、金を入れてボタンを押
すだけ。窓口でも売っていると思うが、自動券売機で買うことにとた。

       自動券売機でも買えるよ(越前武生駅)
画像

       福井鉄道の「土・日・祝日 1日フリー乗車券」
画像

↑の写真。この当時、このキップは500円ポッキリであったが、現在は
550円となっているようだ。小生は2014年の8月に乗車しているので、
この値上げは消費税率の引き上げとは無関係であると思われる。ま
た、福井鉄道とえちぜん鉄道の共通のフリー切符も存在する。詳しくは
時刻表・路線図・運賃表などとあわせて↓で貼り付けた福井鉄道のホ
ーム頁で。

福井鉄道 http://www.fukutetsu.jp/

今回の主な目的は「福井鉄道に乗る」ではなく、「福井鉄道の200型に
乗る」である。以前から一度乗りたいと思っていた車両なので、やっとそ
の機会に恵まれた事になるが、ただ、その肝心の200形は運用自体が
定まっておらず、朝と夕方のみ走り昼間はずーっと寝ている事も多いと
聞く・・・。乗れるか否かはその時の運次第であり、相手がそのような曖
昧で気紛れな奴ゆえに自宅を出る前から『乗れん時は乗れん時でそれ
はしゃーない…他に適当に乗り鉄したらええんや…』といった思いがあ
ったのは確かである。

で・・・そのように自分自身も曖昧で気まぐれな奴に成り下がり・・・?!
『さて…とりあえず福井の方まで行くか…どっかで200形とすれ違うかも
知れん…』と改札の外でぼんやりしていると、何時何分だったか、そこ
まではメモに書き記していないが、列車が到着。ん・・・?と何気なく、そ
ちらの方に視線を向けると、何と!お目当ての200形ではないか(!)。
しかもリバイバルカラーの方である(!)

その200形は時刻表を見た限り、越前武生に9:40に到着する福井駅
 前からの「普通」だったものと思われる。

       越前武生駅に到着した福井鉄道200型
画像

ただ、この時点で『ん、これはついてる!確実に乗れるぞ!』と浮かれ
るのはまだ早い。・・・と言うのは、↑で書いた通り、越前武生駅に到着
した時点で夕方まで昼寝に入る可能性も決してゼロではなかったから
である。

このままでは白黒がハッキリしないので、とりあえず駅員氏に「あの電
車、何分に出るん?」と質問を投げかけてみた。すると即「10:27発の
田原町行きの普通だよ」との答えが返って来た!

その瞬間、小生は『え!そうなんか!うん、今日に確実に乗れるぞ!
!』と雲の合間から太陽が顔を出すように気分が一気に晴れてきたの
は言うまでもない。そして、急にヤル気と元気が出てきたし、力が湧い
てきた。因みにこの時、小生はニコニコしていたというか、にやけてい
たものと思われる。ニコニコにやにやしている小生の顔は自分で言う
のも何だが、ちょっとキモイ・・・かも。

あと、ついでに駅員氏は「でもそのあとの運行は決まってないよ」と付
け加えた。何故、そのあとの運行が決まっていないのか?といった疑
問が脳裏に浮かんだが、『決まってないもんは決まってないんやろ…』
と自分で自分に言い聞かせ、それに関しては突っ込みを入れる事は
なかった。ま、いずれにせよ親切な駅員氏だった。

因みにその200形は越前武生に9:40に到着し、10:27の発車まで47分
もホームで待機していることになる。折り返し時間がかなり長いな…と
感じた。これは編成の数に余裕があるから・・・(?)

さて、200形に乗るか!と言いたいところであるが、この時点で時刻は
9:40-9:50頃であり、200形が発車する10:27まで30分以上もある。それ
までの間、駅構内でぼけっとするのはもったいないので、↑の親切な
駅員氏に福井鉄道の全駅・全列車が掲載されたポケットタイプの時刻
表を貰い、先発の電車に乗って越前武生とどこかの駅を往復すること
にした。

で・・・時刻表をサッと眺め、とりあえず↓の通り越前武生を9:52に発車
する田原町(たわらまち)行きの普通に乗車する事にして西鯖江まで
往復することに決定。

越前武生952(普通)1003西鯖江1013(普通)1024越前武生

↑の乗り継ぎであれば、越前武生に10:24に戻ってくるので、200形を
使用するのであろう10:27発に十分間に合うと思ったのである。で・・・
そのように事がスムースに進むと思ったのであるが、いつもそうなる
とは限らないようで・・・(?)

      とりあえず9:52発の田原町行きの普通に乗り込んで西鯖江へ
画像

9:52発の田原町行きはどんな車両かな?と思っていると、こちらは何と
超低床式+連接式の新型車、FUKURAMの愛称で知られるF1000形で
はないか。こちらの車両も乗ってみたいと思っていたので、これは運が
いい。ウキウキワクワクしながら乗り込んだ。F1000形はドイツの技術
を導入して国内で製造され、3車体+連接式となっている。

 ★越前武生952→1003西鯖江 「福井鉄道//普通」
列車は連接式3両編成、一番後の車両に乗車。車内は空席多数、空い
ていた。途中、いくらかの駅で少し乗車が見られ、席の埋まり具合は西
鯖江到着時で一つのボックス席に1人程度となっていた。

       福井鉄道//普通(越前武生駅)
画像

この当時(2014年8月)は写真↑のオレンジ色の編成のみであったが、
現在は青色の編成も登場しているので、F1000形に乗れる機会は以前
よりも増えているものと思われる。最近脱線事故を起こして運行を休
止してい(た)る?

       車内の様子(越前武生駅発車待ち中)
画像

外側はオレンジ色の暖色系であるが、内側は白い壁+明るい青の寒
色系であり、内側に限っては夏は涼し気。全般的に洒落ていると思っ
た。

       途中の車窓(家久~サンドーム西)
画像


10:03頃、西鯖江に到着。

       西鯖江駅 駅舎
画像

西鯖江駅の駅舎は思いのほか立派な建物であったが、これは↑の写
真を見ても分かるように地域の何らかの施設(さくらんぼ会館)と共通
である。このような例は意外と多いのかも知れない。

駅から少し離れたころでタバコを一本吸い、折り返し10:13発の列車で
越前武生に戻ることにする。10:13発の列車は、どのような車両なのか
?と思っていると、やってきたのは、かつて岐阜市内周辺で走っていた
元名鉄の低床式の連接車であり、この車両はもう今では福井鉄道の
主力である。比率は分からないが、福井鉄道に乗る場合、全体の5割
以上6割7割は、この車両といっても良いのかも知れない。列車は2分
ほど遅れてやってきた。

 ★西鯖江1013→1022北府 「福井鉄道//普通」
列車は連接式2両編成、前よりの車両に乗車。車内は西鯖江発車時、
お客は計5人程度と空いていた。メモをしてなかったので何とも言えない
が、この先、少し乗降が見られたと記憶している。

           福井鉄道//普通(西鯖江駅)
画像

列車は依然として2分くらい遅れて走っている。で…ここでふと心配事が
…。小生はとりあえず越前武生まで戻って、(折り返し)200形を使用す
るであろう越前武生を10:27に発車する田原町行きに乗り換えるといっ
た予定を立てているが、このままの遅れで行くと越前武生に到着する
時刻は10:26頃であると予想・・・

乗り換え時間1分は同じホーム向かいなら別に構わないが、別ホーム
であれば極めて忙しない・・・最悪、駅の手前で信号停止を喰らい遅れ
が拡大すると定刻で発車するであろう200形に乗れなくなる・・・その場
合、後続の列車で追いかける事になるが、そのよな行為は先の展開
がグレーなのであまり好みではない・・・。全てに於いて具合が悪くな
るのは見え見えである。

少し悩んだ結果、安全対策として越前武生の一つ手前の駅である北
府(きたご)で降りることにした。200形は小生の拘りとして始発駅から
乗りたかったのであるが、今回はもう仕方がない。

10:24頃、2分ほど遅れて北府に到着。

       北府駅 駅舎
画像

北府駅の駅舎は昔の古い建物をリニューアルしているためか、造りは
昔のものでも素材自体が新しく感じた。ん?リニューアルしたので当然
か。以前は「西武生」という名前の駅であったが、2010年に今の「北府」
に改称されたようだ。それにしても北府を「きたご」と読むとは・・・これも
立派な難読駅である。これは歴史の中の何かと関係しているのかも?

       北府駅 駅舎の中
画像

駅舎の中は福井鉄道の歴史に関する資料が展示されていた。ちょっと
した資料館である。これらの資料をじっくり眺めたいところであるが、許
された時間は5分ほど・・・またの機会とした。

北府駅のすぐ近くに福井鉄道の車両工場があり、↓の写真のように様
々な車両が留置されていた。手前から古典的なEL、その奥は元名古
屋地下鉄の車両、さらにその奥は200形である。この200形は状態から
みて、この時点(2014年8月)で既に廃車されていた。

       北府駅のすぐ近くに留置されていた車両
画像

この後、北府を10:29に発車する200型を使用しているであろう普通・田
原町行きに乗車。お目当ての200形であり少しだけ『ほんまに200形な
んかな?』といった思いがあったが、来た来た!、200形が!

北府駅は福井市内の路面電車区間と違い、一般的な鉄道区間内にあ
るが、低床式で小型車の部類に属する元名鉄の車両の入線に合わせ
てホームの高さを低くする工事を行ったとの事。その為、床面が高く大
型車の部類に属する200型は出入り口に装着された階段式のステップ
を使用していた。
↑の方でも似たような事を書いたが、低床式の元名鉄の車両の導
 入に合わせて一般的な鉄道区間全駅でホームの高さを低くする工事
 を行ったとのこと。
ステップの写真は「中編」に載せます。

 ★北府1029→1131田原町 「福井鉄道//普通」
列車は連接式2両編成、後よりの車両に乗車。車内は北府発車時、お
客は小生を含めて計2人、空席多数、空いていた。これと似たような状
態が7駅先の神明まで続いた。この車両は非冷房であると思っていた
が、しっかりと冷房が入っていた。

列車は越前武生発、福井駅前経由の田原町行きであり、線路の構造
上、市役所前→福井駅前は逆向きで走る。市役所前と福井駅前で
方向転換する。

       福井鉄道//普通(北府駅)
画像

       車内の様子(スポーツ公園駅停車中)
画像

車内は白いカバーが掛けられたボックス席が並び、一部はロングシー
トとなっている。古風であるが、綺麗に整備されていると思った。

神明でいくらか乗車が見られ、席の埋まり具合は、神明発車時、一つ
のボックス席に0-2人(0人の方が多い)、ロングシートの部分は3人と
なっていた。この先、福井市中心部に向かうにつれて、いくらかの駅
で少し乗車が見られた。

       車内の様子(泰澄の里駅停車中)
画像

列車は赤十字前を発車すると、一般的な鉄道区間から路面電車区間
へ進んでいく。大型車両が路面電車区間を走る光景は、ここ福井鉄道
と他は・・・思いつく範囲では京阪の浜大津付近と少し道路の雰囲気
が違うが熊本電鉄の一部区間くらいか。全国的にみても珍しい光景で
あると思う。

       途中の車窓(公園口~市役所前)
画像


列車は市役所前で福井駅前方面へ分岐する支線へ入るため、方向転
換を行う。この市役所前から福井駅前方面へ分岐する区間は距離が
短く髭のようなので「ヒゲ線」と呼ばれているようだ。地図をみると一本
だけ剃り忘れたヒゲが伸びたような雰囲気である。席の埋まり具合で
あるが、市役所発車時で一つのボックス席に0-2人(1人が多い)、ロン
グシートの部分は4人となっていた。

11:25、定刻よりも6分ほど遅れて福井駅前に到着。遅れた原因は分か
らないが、多分、路面電車区間では車との兼ね合いで遅れやすいのか
も知れない。例えば線路上に左折車が居る時、電車はその車が曲がる
まで待たなければならない。でもこれは小生の妄想であり、実際のとこ
ろは不明である。福井駅前は行き止まり式であり、お客の大半はこの
駅で降りた。

       車内の様子(福井駅前到着時)
画像

11:28、定刻より5分ほど遅れて福井駅前を発車。車内は福井駅前発車
時、お客は計3人、空席多数、空いていたこの先、乗降は目視ではゼ
ロ、この状態が田原町まで続いた。路線図を見たかぎり越前武生~田
原町が本線、市役所前~福井駅前が支線のようであるが、お客の流
れでいうと越前武生~福井駅前が本線かな…と思った。また、福井駅
前で再び方向転換を行い、越前武生発車時と同じ向きになる。

       途中の車窓(福井駅前~市役所前)
画像

↑の写真は福井駅前方向を写している。

11:34、定刻よりも3分ほど遅れて終点の田原町に到着。

初めて200形に乗った感想は…というと、良い経験になった、機会があ
ればまた乗りたい、といったところである。1編成くらいは動態保存をし
て欲しいような気がするけど。

       福井鉄道//普通(田原町駅)
画像

       この編成は203編成ということかな
画像

田原町駅に到着してすぐに『あれ?』と思った。以前の田原町駅は古風
な駅舎があり、昔の雰囲気が沢山残っていたが、今回、列車は仮設の
ホームに到着し、古い駅舎と以前からのホームが撤去されるなりして完
全に工事現場と化していたのである。

この時、この工事は単なる再開発または建て替えと思っていた。以前
の施設はかなり古かったし、まぁこんなもんだろう…と思っていたので
ある。だが、後にこの工事は単なる再開発・建て替えではないと知る。
ネットで調べたところ、近い将来、福井鉄道とえちぜん鉄道が田原町駅
を介して相互直通運転を行うとの事で、「この工事現場」はそれに関し
た準備工事だったのである。

乗り入れ運転はいつ始まるのか?というと、計画段階では2014年に開
始する予定が2015年に延び、最終的には2016年の春(予定?)とのこ
と。様々な理由により工期が延びたとの事であるが、既にえちぜん鉄
道に全身黄色の超低床式の連接車が導入されているので、計画自体
は着々と進行しているものと思われる。

…という事でえちぜん鉄道の一部の区間も福井鉄道や旧JR富山港線
と同じくLRT化するという事なのか・・・(?)時代の流れは、小生の想像
・妄想をはるかに超えている。

       工事現場と化した田原町駅のホームに停車する200形
画像

↑の写真は2014年8月23日に撮影。あれから1年2ヶ月以上も経過して
いるので工事の方はかなり進んでいるかも。

この後、同じく200形を使用した田原町を11:43に発車する普通・越前武
生行きに乗車して福井駅前へ。

続きは福井鉄道に乗る 「中編」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

やべっち
2015年11月09日 21:41
Mr.Kサン(^O^)こんばんはぁ!!(^∀^)ノ


福井鉄道は(^_^;)以前は、4人掛けクロスシートの車両が200形以外にも、静岡鉄道から回って来た130形の一群とか結構有ったのに(^_^;)、2006年に岐阜市内線の車両群が一挙に導入されて、今やゆったりと乗れるのは、200形だけになってしまいましたねぇ~!!
(^。^;)

その意味では、F1000「フクラム」は、4人掛けクロスシート仕様だから(^O^)有る意味、200形の後継車両なんでしょうねぇ!?

何でも(^。^;)富山ライトレールや富山地鉄のLRV車に比べて、横幅を取った分だけ1億ほど余計に掛かったとか!?(約3.5億)


…ところで(^。^;)

11/9、10と休みが急に取れたので、昨夜(^O^)衝動的にツアーバスに飛び乗り(笑)、本日(^_^;)阪堺電車の住吉~住吉公園間を乗り納めして来ました!!

最後は(^_^;)私を含めて乗り鉄・撮り鉄が4人だけと言う状況でした!!
2015年11月10日 22:49
やべっちさんへこんばんは。

阪堺電車!昨日こちらの方に来られたん
ですね!。雨が降ったり止んだりで鬱陶
しい思いをしたのではないでしょうか。
ここ最近、ずーっと秋晴れの日が多かっ
たんですけどね。私も近々乗りに行こう
と思います。記事になるのい一年くらい
後かも知れませんが・・・

福井鉄道は2006年以前にも乗っているの
ですが、あの時はどのような車両に乗った
のか全然覚えていないです。やはり、写真
を撮るなりして何らかの記録を残すべきと
実感します・・・。古い車両に乗ったとし
ても、その時はそれが当たり前の光景なの
で、自分の中では「当たり前の光景」とい
うのは記憶に残りにくいのかも知れません。
そういえば、元静岡鉄道の車両も走っていま
したね。

この記事へのトラックバック

  • 福井鉄道 F1000形の愛称は「FUKURAM」

    Excerpt: 福井鉄道F1000形電車は「FUKURAM」の愛称をもつ超低床路面電車で、3車体連接で定員155名を誇る。軸バネや車輪にゴムを併用することで、乗り心地を向上させている。鉄道友の会ローレル賞を受賞。 Weblog: ぱふぅ家のホームページ racked: 2017-11-24 12:06